2017.3/10&12 「パリパリパンジャーニー」公演レポート

守谷の素敵な会場「スパイスガーデン」さんでの初公演が終了致しました。



目の前が竹林!緑の植物と木で溢れています。



その中から美味しいパンの香りが漂ってきそうです✨

 

 

そして、「七草十花」さんでの公演も終了いたしました。

七草さんもとっても素敵な会場で、まさに都会のオアシスです。


さて、今回はパンを題材にした公演をお届けしました。

 

その名も「パリパリパンジャーニー」!

 

ある出来事がきっかけで、パンという言葉がついついでてしまうパン屋の店主の物語。

 

問題解決の為、旅に出るのだが、そこで不思議な旅行代理店と出会うのでした。

パリス パンドラ リンゴーン ジャーニー カンパニー

略してパリパリパンジャーニー。

果たしてどんな旅になるのでしょうか⁉︎

っという感じです。

 

今回の小道具も凝ってまして、旗を作ったり、ロゴを作ったり、薬草まで用意して、、、。

 

そして肝心の作品ですが、

なんと言ってもこれが新しい!

おとばな史上初❗️

オリジナル作品を初演(おとばなとして)しました❗️

音楽も文も作った完全オリジナル作品です。

我らが和久田み晴氏の作品「ミルクパン」という小説、そこに自然に音楽が寄り添いぴったりと合いました。

 

アンケート調査の結果では、なんと1番が付きました✨

 

ゆくゆくはオリジナル作品のみで公演したい!そんなことを思いつつ、おとばなの挑戦はまだまだ続くのでした。


そんなおとばなを支えて下さった皆様です。

チラシ・パンフレット制作には、カメラマンの「池田英樹」さんに撮影して頂きました。相変わらず、とても素晴らしいです。


物販の作品作りでは、作家「うまこ」さんこと岡田晃次さんに様々な作品を提供してくださっております。
今回はパンのしおりと、パンのコースターが新作で、これまためちゃかわいいです。



この皆様のイメージがぴったりと噛み合って、この公演を無事に終演することが出来ました。
協力と応援をくださった皆様、ありがとうございました。

最後に

パンの内容の公演をスパイスガーデンさんの所で公演したい!っという思いが叶い、

来てくださったご飯派のお客様もパンも良いじゃん!って思っていただけたことに感謝いたします。



おとばな一同 (Y.筆) 

【@cafe七草十花】

【@スパイスガーデン】


概要 | プライバシーポリシー | サイトマップ
音とお話のユニット「おとばな」。 優しくも力強い、心揺さぶる音楽と語りが織り成す3人のコラボレーションを、 ぜひあなたの耳と目でお確かめください!